ベランダ野菜を鳥被害から守る方法と対策

ベランダに鳥がやってくるのは、かわいくて癒されるのですが、せっかく育てた野菜を食べに来たとなると、逆にストレスの対象になってしまいますね。

野菜を食べられて、フンを落とされて…楽しみに育てた野菜を自分たちで食べる為に、しっかりと鳥対策をしましょう。

ベランダ 野菜 鳥

鳥の被害の対策

ベランダに来る鳥と時期
メジロ、ヒヨドリ、しじゅうから、むくどり、鳩など地域によってやってくる種類は様々ですが、野生の鳥たちはエサのある場所はよく知っています。
葉物は新芽の柔らかい時期を、実のなるものはちょうどおいしくなった食べごろの収穫の時期を狙われます。
餌の少ない冬場は野菜だけでなく、
ベランダできれいに咲かせた花までも被害にあってしまいます。

手軽な対策グッズ
簡単に手に入るものとしては、光の反射や、鳥の脅威となるものをつるしましょう。
大きな目玉、CD、キラキラのテープなど。

スポンサーリンク

そして、もっとも効果がある対策が「野菜にネットをかぶせる」こと。
目の細かいネットを直接野菜にかぶせるのが、効果を発揮するミソです。
ネットからはみ出している部分は食べられるので注意!

それでも鳥被害が起きてしまう場合は
鳥は、いきなりベランダに入ってくるわけではなく、一度手すりに止まるようです。
手すりにトゲトゲのものを置く、手すりの上にテグスを張るなどして、手すりに鳥が止まれないように対策をしましょう。
ベランダの形状により、できる対策は変わってきますが、結束バンドや、パラボラアンテナの挟み込み式の取り付け金具のようなもの、突っ張り棒などを工夫して使うことができます。
私たちが思っている以上に鳥たちは賢いです…
こちらが対策を考える様に、鳥も慣れてきたら効果が無くなる場合もあります。
吊るす物の種類を変えるなど、気長な対策が必要になるかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに
鳥がうちのベランダの野菜を食べに来るのは、無農薬だから。
ある程度の被害を防げたら、気持ちを切り替えるのも、家庭菜園を楽しむコツかもしれません。
被害を抑えつつ、鳥との攻防?を楽しめたらいいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ