ベランダ野菜大葉(しそ)の育て方

大葉(青じそ)は刺身に添えたり刻んで麺類の薬味にしたり、天ぷらにしても美味しい野菜です。

大葉は独特の香りが有り、あまり害虫を寄せ付けない性質があります。そのため育てやすいので初心者向きのベランダ野菜かも知れません。

ベランダ 野菜 大葉

ベランダで大葉を育てるには

用意するもの
大葉(青じそ)の種
プランター
土(ホームセンターで売っている、元肥入りの野菜用やハーブ用で良いです)
基本的にはこれだけで出来ます。

土を入れる前にプランターの底に水切りネットなどで、土の流出防止をしましょう。

大葉の種を蒔く時期と蒔き方
種まきは4月から6月です。
種まきの仕方はプランターですので、プランターの長手方向に指で2筋線を引いてそこに筋蒔きしてください。蒔いた後少し土をかぶせて軽くたたいて終わりです。
大葉の芽は1~2週ぐらいで出ますが、種まきの前に種を1昼夜水に浸しておけば芽の出は良くなります。また、芽が出るまでは日陰に置いた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

失敗しない大葉の育て方
水やりは土が乾かない様にこまめに行ってください。高さが5cm位になったら間引きをします。
あまり葉が茂りすぎると太陽に当たらない葉が出てくることと、風通しも悪くなりダニなどの害虫の発生原因になりますので、隣の株の葉と重ならない程度に間引いてください。
間引きは収穫途中でも適宜やって頂いて良いかと思います。
高さが15cm程度になったら次に摘心をします。
摘心はちょうど株の中央の一番高いところにある芽を摘むことです。
こうすることで背丈が高くなりすぎず、横方向に新芽を増やしていけます。

上手な大葉の収穫手順
適度な大きさに葉が生長したら収穫して頂いて良いです。
大体秋頃までたっぷり収穫できると思います。
秋になると小さな紫の花が咲きます。このしその花も料理に使ったり刺身に添えたりと言う用途に使えます。
そのまま置いておくと実がなりこれも料理に使えます。しそは1年性ですのでその実をとっておいて来年また蒔けば同じように大葉を楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

さいごに
葉も花も実も利用価値があって育てやすい大葉(青じそ)をベランダで育ててみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ