マンション高層階ベランダ野菜の風対策

マンションの特に高層階では、風が強くベランダ菜園には悩みの種ですね。
風が強いと害虫が付きにくいというメリットもあります。

高層階に住む人だけではなく、台風対策としても、風対策を考えましょう。

ベランダ 風

ベランダ菜園の風対策

マンション栽培時の風による被害
支柱が倒れる、枝が折れる、実が落ちるなどすると、がっかりしますよね。
さらにプランターや鉢が倒れて土がこぼれるなどすると、片づけが大変です。
プランターの土や落ちた実や枝が、お隣や階下のベランダにまで入ってしまったなどのトラブルにも注意しましょう。

高層階での突風に比較的強い野菜たち
どんな野菜も強風は苦手ですが、背の低いハーブ、小松菜、ホウレンソウ、チンゲン菜、水菜などの葉野菜、ラディッシュ、芋類、大根などの根菜なら影響を受けにくいですね。

スポンサーリンク

高層階の風邪対策にはプランターに工夫を凝らそう
鉢底石を入れて、重心を下げると倒れにくくなります。
石を入れると水はけを良くする効果もあり、一石二鳥ですね。
複数のプランターを支柱などを使ってつなぎ合わせるのも転倒防止になります。

プランターの配置場所にも一工夫
プランターをベランダの柵に固定してしまえば、転倒しません。
支柱をベランダの柵に固定し、野菜の枝を支柱に固定すれば少し背の高い野菜も育てられます。
ベランダの柵に直接固定できない場合は、ラティスや、突っ張り棒等をベランダに固定し、
それにプランターや支柱を固定しましょう。

スポンサーリンク

さいごに
日当たりと、水と、風通し。
植物が育つためには、どれも多すぎても少なすぎてもいけない条件です。
ちょっとした工夫で、野菜に良い環境を作ってあげる方法がきっとあるはずです。
自宅のベランダで作ったおいしくて安心して食べられる野菜のために、ぜひ工夫してみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ