ベランダで育てている野菜にアブラムシが!?どう対処するの??

ベランダで育てている野菜の葉の裏になんだか 緑色のかたまりが…よく見るとアブラムシだったと言うことはありませんか?
安全な野菜だから虫が寄ってくると言うのはわかるけど、ワンサカ来られたら困りますね。

アブラムシの対策を紹介しましょう。

ベランダ 野菜 アブラムシ

アブラムシの対策

アブラムシの害
アブラムシは、新芽や葉裏などに寄生して、植物の汁液を吸い、植物の成長を妨げます。
また、アブラムシが媒体となり植物がウイルス病に感染することもあります。

アブラムシが発生する原因
これは、多くの人の経験を集めた意見ですが、
肥料のやり過ぎ、水のやり過ぎ(鉢うけに水がたまっている)、風通しが悪い、植物が健康でない、かれた葉をそのままにしている、などが原因とされています。
善玉菌の多い土に植わっている植物には付かない様です。

スポンサーリンク

アブラムシの天敵
アブラムシの天敵はテントウムシです。
幼虫も、成虫もアブラムシを食べます。
成虫は羽があり飛んでしまうので、幼虫がいれば、アブラムシをきれいに食べてくれます。

殺虫剤を使う場合
市販の防虫スプレーや農薬は、記述をよく読んで使用しましょう。
収穫の何日前まで使用可能かなども書いてあります。
無農薬派の方には、薄めた牛乳をスプレーに詰めて、晴れた日にアブラムシにかけます。
日光で牛乳が乾いてアブラムシが身動きできなくなります。
又は、50度(温度はきちんと測りましょう)のお湯をスプレーに入れてアブラムシにかけます。
アブラムシに効果があって、野菜に影響は無いようです。

スポンサーリンク

さいごに
せっかくのベランダ菜園は、できるだけ農薬は使わずに、安全なものを作りたいですね。
どんな方法も、1度でアブラムシを全滅させるのは難しい様です。
根気よくアブラムシを退治しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ