秋から栽培し始める種類

秋から野菜を植えるのはもう遅いんじゃないの?

そんな疑問を持つ人も多いようですが、秋は初心者の人でも育てやすいので、ぜひ秋にも野菜を植えてみて下さい。

ベランダ 野菜 秋

秋から栽培し始める野菜

季節の特性
秋は、春夏に比べて虫が少なくなるので、野菜が作りやすくなります。
人が過ごしやすくなるのと同様、ベランダ菜園の野菜たちにとっても、良い季節ですね。
ただし、台風の季節でもあるので、対策も必要になるかもしれません。
昼と夜の気温差も大きくなってきます。
植える時期や時間帯は近くのホームセンターなどで相談してみるのも良いでしょう。
また、夏野菜を収穫した後の土をそのまま使うと、雑菌が潜んでいる場合があるので、土に栄養補給をしましょう。

スポンサーリンク

秋に植える野菜
9月には、玉レタス、白菜、ホウレンソウ、みずな、ルッコラ、ニンニク、タアサイ、ゴボウなどが植えられます。
ごぼうは、ミニゴボウならプランターで育てられます。
10月になると寒くなってくるので、植えるのが遅くなると成長が悪くなったり、発芽しなかったりします。
10月中旬までを目安に植える様にしましょう。
リーフレタス、白菜、ホウレンソウ、みずな、ルッコラなどは9月から引き続き植えられます。

比較的簡単なおススメ野菜
リーフレタス、タアサイ、ルッコラ、ニンニク、などが育てやすいですね。
ミニゴボウも簡単に育てられますが、適温が20~25度なので、9月上旬までに、深い鉢に植えましょう。
ニンニクの収穫は翌年の春です。

連作障害について
同一作物、又は同じナス科どうしなどを同じ土で続けて作ると、連作障害を起こし作物の生育が悪くなったり、病気になりやすくなります。
相性の悪い組み合わせの例
なすの後のトマト、ピーマン、ジャガイモは×
えんどうまめの後のホウレンソウは×
キュウリの後のにんじんは×
また、ごぼうは常に新しい土で育てる方が良いでしょう。

スポンサーリンク

さいごに
夏と冬の間の季節の移り変わりの時期。
何と言っても、虫と戦わなくて良くなるのがうれしいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ