夏から栽培し始める種類

春に植えた野菜が収穫の時期を迎えますが、プランターが空いたらまた次の野菜を植えたいですね。夏にはどんな野菜が植えられるのでしょうか??

収穫の時期も考えながら、夏に植える野菜を選んでみましょう。

ベランダ 野菜 夏

夏から栽培し始める野菜

季節の特性
夏に植え付ける野菜は、秋から冬に収穫する野菜です。
梅雨の時期は雨が多くなり多湿が続くため苗が病気になりやすく、植えつける野菜の選び方と植えつけ方に注意が必要です。
梅雨の時期は、1年で一番植え付けが難しい時期かもしれません。
7月、8月になると暑さが厳しくなるので、高温多湿、気温上昇にも強い野菜がおススメです。
また、夏は虫の活動も盛んになる時期なので、害虫対策も必要です。

スポンサーリンク

夏に植える野菜
難しい梅雨の時期は避けて、梅雨が終わった頃から植え付けをはじめたらいいですね。
7月から植え付けをはじめられる野菜は、チンゲン菜、水菜、スティックセニョール、芽キャベツ、小松菜などです。
春に植えられるにんじんも、7月に植える方が育てるのが簡単です。

8月になると、夏野菜の収穫が終わり、あいたプランターに植えることができますね。
収穫後すぐに植えると、土が痩せているため生育が悪くなります。
土作りは植え付けの1か月前に終えておくのが理想です。
8月に植えられる野菜は、カリフラワー、キャベツ、ジャガイモ、タマネギ、白菜などです。

比較的簡単なおススメ野菜
育てやすい野菜は、小松菜、チンゲン菜、スティックセニョール、ジャガイモです。
小松菜は植える時期をずらすと、厳寒期を除いて1年中栽培できます。
チンゲン菜は、プランターで植えるならミニチンゲン菜が良いでしょう。

チャレンジしてみたい野菜
梅雨時は難しいと言いながら、モロヘイヤの植え付けは6月です。
モロヘイヤの収穫は7月で、すぐに収穫できるのが楽しいですね。

スポンサーリンク

さいごに
ベランダで作業をするのも大変になる夏ですが、新しく野菜を植える楽しみは格別ですね。
秋の収穫を楽しみにしながら、水やりや害虫対策もがんばりましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ