冬から栽培し始める種類

収穫が少ない冬の時期、ベランダ菜園で野菜は育てられるのでしょうか?
全く無理と言うこともなさそうです。

冬に栽培できるものを探しましたので、条件が合えばチャレンジしてみてはいかがでしょう。

ベランダ 野菜 冬

冬から栽培し始める野菜

季節の特性
冬は野菜を育てるには難しい季節です。
野菜に低温障害や凍結による被害が出るかもしれません。
ただし、寒風、冷気対策をすれば、冬は害虫の被害や病気の発生も少ないので意外と栽培も楽しめます。

寒さ対策
ベランダの広さにも寄りますが、ベランダ用のビニールハウスも売っています。
ホームセンターやネットでもたくさん売っているので、サイズの合うものが見つかるかもしれませんね。
ベランダ用の温室も売っていますが、電源の問題や、高価なため、冬でもたくさん収穫したいという以外は必要ないと思います。
ビニールハウスの中に入れることで充分冷気、霜よけになります。
手作りで、簡易ビニールハウスも良いですね。

スポンサーリンク

冬に植える野菜
冬に植える野菜は、春になってから収穫するものがほとんどです。
さやえんどう、そらまめ、アスパラガスなどは11月のうちに植えておきましょう。
小松菜やホウレンソウは、比較的寒さに強い葉物野菜です。
寒さ対策をして、日当たりのいい場所に置けば 冬の間も収穫が可能です。
ルッコラやミントなど、ハーブ類も寒さに強いので、この時期に蒔いても育ちます。

土作りの期間
冬の間に何も植えないプランターがあれば、冬はそのプランターの土作りの期間にしましょう。
プランターの土を ビニールシートなどの上に全部出して、日に当てます。
底の方の土にまで日光消毒をして、空気に触れさせておくと、次に植える作物が良く育つ様になるでしょう。
空になったプランターは、洗っておきましょう。
土を戻す時に肥料も混ぜて、馴染ませましょう。

スポンサーリンク

さいごに
日当たりのいいベランダなら、冬でもベランダ菜園は楽しめそうですね。
何も植えずに土を準備するだけでも、春になったら何を植えようか、計画を立てるのも楽しいですね。
冬の間にホームセンターで種探しと言うのも楽しいかもしれません。
種の袋の裏には、色々な豆知識も書いてありますから、ぜひ一度見てください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ