ベランダ野菜トマトの育て方

トマトはそのまま食べても良いし、サラダなど使い勝手がとってもいい野菜ですね。

トマトを自分で育てると、思いのほか収穫量があって育てやすいので経済的!!

ベランダ 野菜 トマト

ベランダでトマトを育てるには

用意するもの
プランター
土、鉢底石、トマト用肥料

支柱

プランターは深さ26~30cm 容量は1株につき12リットルを目安にします。
枝が広がるので初めての場合は1つのプランターに1つが良いでしょう。
土はホームセンターで売っている元肥入りの花、野菜用の土でいいですが、あれば、トマトには弱酸性の土が適しています。
支柱はトマトの幹を支える為に1本使いますが、さらに外側に2本を立てて三角形になる様に上で縛ると丈夫な支柱になります。
肥料は、有機肥料がおすすめです。

トマトの苗を植える時期と植え方
トマトの苗を植える時期は4月~5月頃です。
ウイルスなどの病気に対するワクチンを接種済の苗もあるので、その方が育てやすいでしょう。
苗が店に出始めたら、良いのが無くならないうちに早めに買い、持ち帰ったらすぐに植え替えましょう。
小さなポットに入れたままにしておくと、根が弱ってしまいます。

スポンサーリンク

失敗しないトマトの育て方
トマトの世話で大切なのが、わき芽を摘むことと、水やりの加減です。
わき芽にも花は付きますが余分なものなので、小さいうちに摘みましょう。
本枝も、ある程度大きくなったら一番上の先端部分をカットしてそれ以上伸びないようにします。
ベランダの高さに合わせて高さを決めても良いでしょう。
余分な枝をなくすことで、実に栄養がいきやすくなります。
トマトは、乾燥した土地でも元気に育つ植物なので、水のやり過ぎは厳禁です。
水やりは、土の表面が乾いたらやる程度にしましょう。
多少葉が萎えていても問題ありません。

上手なトマトの収穫手順
トマトは水をやり過ぎると、はじけてしまいます。
取り頃になって、雨が降りそうなときは、早めに収穫しましょう。
また、日の当たるところから赤くなるので、可能なら日が良く当たる様プランターを動かしてあげたらいいですね。

スポンサーリンク

さいごに
水やりが少なくていいトマトは、あまり手がかからないで良いですね。
逆に、雨が続けて降るようなことがあれば、土に雨がかからない様な工夫をしてあげると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ