ベランダ野菜を排気ガスから守る方法

ベランダ菜園は、収穫した野菜をさっと洗って食べられるのが一番の魅力ですよね。

でも、交通量の多い所に住んでいると排気ガスによる汚れが心配になりますね。

ベランダ 野菜 排気ガス
せっかく育てている野菜を排気ガスから守るための方法、試してみて下さい。

ベランダ菜園の排気ガス対策

ベランダカーテン
市販の洗濯物の為のカーテンを利用してみましょう。
風を通す物で、用途は雨よけ、日よけ、目隠しなどいろいろなものがあります。
条件の合うものをさがしみましょう。

不織布をつかう
目の細かい、その名の通り織っていない布、細い繊維を集めたようなもので、ホームセンターで買うことができます。
これをプランターにかぶせて、ほこりよけに使います。
風通し、日当たりを工夫して、支柱などを上手に使い、作ってみましょう。

スポンサーリンク

こまめに水洗浄
霧吹きなどのスプレーで、こまめに栽培中の野菜に水をかけましょう。
ただし、トマトは、水をかけすぎるとはじけてしまします。
水がたっぷり必要な野菜が向いていますね。

室内で育てる
ベランダの環境が整うまで、とりあえず室内栽培という方法もあります。
ハーブ類なら、土を使わずに栽培できます。
ミントは繁殖力が旺盛なので水を入れたコップに挿し木するだけで育ちます。
また、土の代わりにセラミック製の「カルセラ」や、粘土を高温で焼成発砲させた「セラミス・グラニュー」などを使って穴の開いていない鉢で栽培することができます。
室内栽培に向くハーブはミントの他にカモミール、バジル、センテッドゼラニウムなどです。

スポンサーリンク

さいごに
立地によって差はありますが、洗濯物が干せないほど排気ガスが気になるというのであれば少し難しいですね。
農薬を使った野菜の方が怖いかもしれませんね。
ベランダ環境にあった栽培方法が見つかるといいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ